―明るく楽しく暮らそう― 2008年8月男の子を出産。ただいま初めての子育てに奮闘中!日々の想いや感じたこと、レシピ、読んだ本のこと・・・。言葉にするだけでもきっと何か変わるはず。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TREview にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ
Posted by くるみ
 
[スポンサー広告
出産のお話 パートⅢ
20080913145717
ただいま、お昼寝中です(*^_^*)

出産話、長くなりましたがこれで最後です。

分娩室にて。
「もうすぐいきめて楽になりますよ~」と看護婦さん。
その頃には便が出る前のようなお尻の方が押される感じがあったので
これがいきみたいっていう感じなんだな、とわかりましたが
みんなが言うほど、いきみたいのにいきめない、という状況が辛くはなかったように思います。

12時前には本格的にいきみ始めたものの、
なかなか上手くいかず、
5回目くらいでやっとコツをつかんで上手くいきめるように。
どうしても力が入ってすごい顔になるのですが、
顔には力を入れずにその分全部を腹に入れる感じですね。

しかし心配していた通り、産道がやっぱり細く、
さらには赤ちゃんの頭が傾いてて引っ掛かっているらしく、
いきんでもいきんでもなかなか出てきません。
汗だくなのに寒くて旦那には肩に手を置いてもらい、
部屋にはとうとう暖房を入れてもらいました。
いきむ度にモニターの赤ちゃんの心拍が途切れそうにスローになり、
私もだんだん疲れてきます。

いきんだ後、誰もがリラックスして深呼吸、
と私に呼び掛けるものの、
深呼吸ってどんなだっけ…?
私のいきみ方が下手で赤ちゃんが出てこれないのかも。
ああ、だんだん弱ってきた…。
でも赤ちゃんのためにも頑張らなきゃ!
いろんなことを思いながら、
一生懸命お腹の中で赤ちゃんも頑張って出ようとしているのを想像します。

けれどだんだん陣痛も弱ってきて、促進剤を点滴することに。
さらに麻酔して会陰切開。

その後もしばらくいきみましたが、
先生が「このままじゃお母さんも赤ちゃんも弱ってしまうね」と。
もしや帝王切開!?
続けて、
「お手伝いしてあげないと無理だね。あと少ししたら引こう」
と。
何!?何をするの?
帝王切開は嫌だ~と最後の力を振り絞っていきんでもやっぱり出てきません。
すると、ロートみたいな道具が出てきて、
「次は引きますよ~」と。
帝王切開じゃなくて吸引のことか、とほっとしたのもつかの間、
次のいきみのタイミングで吸引された瞬間、
思わず「痛っいたたたたたっ!!」と叫んでしまうほどの激痛が。
それまで陣痛でも声にはしてなかったのに。
けれどそれもすぐ終わってぐったりしていたところ、
「最後もう1回いきんで!」と看護婦さんに喝を入れられ、
本当に最後の力を振り絞っていきみ、
「はい、やめて」の言葉で一息つくと目の前にまっ赤なベビーが!
最後はあっという間でした。
私はとにかくほっとしたのと痛みから解放されたのとで脱力し、
旦那を見ると泣いてました。
結婚式でも私より泣いてたので、泣くとは思ってたけど(^。^;)

看護婦さんがベビーを見せてくれたけど、
吸引されて長くなった頭しか見えませんでした(^_^;)

いやはや。分娩室ではちょっと手こずったものの、
初産にしては短時間の出産でした。

ベビーにひとこと。
よく頑張ったね!
私と旦那の家族として、産まれてきてくれてありがとう。
これからよろしくね♪

読んで下さった方、長々とありがとうございましたm(_ _)m
TREview にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ
スポンサーサイト
Posted by くるみ
comment:2   trackback:0
[出産
出産のお話 パートⅡ
20080912230540
写真は陣痛の時大活躍したストロー付ペットボトル君です。

さて、前回の続きです。

病院に着いたら
まずいつもの体重、血圧、尿検査をするも、尿が出ず、
尿検査はしなくてもういいよと言われ陣痛室へ。
その間にも陣痛の波がやってきて、
途中廊下でしゃがみこむ場面も。
内診では子宮口3センチ、かなりやわらかくなってるそうで、
いい感じだよ~と言われました。

陣痛室ではモニターを付けて、
グラフのお腹の張りの山とともに痛みがやってきて、
それを見ながら母が腰をさすってくれます。
やたら寒気がするので布団をもらい、冷房も弱くしてもらいました。

看護婦さんが8時過ぎに朝食を持ってきてくれてびっくり。
今、全く食べられる気分じゃないんですけど…
なのに母が少しでも食べた方がいいと無理矢理スプーンでご飯を口に入れ、
気持ち悪いながらに仕方なく少しだけ食べました。
ウィダーインが飲みたいよぉ。

9時過ぎて陣痛は徐々に間隔も狭まり、痛みも増してきます。
大きく深呼吸して痛みを逃します。
看護婦さんがたまに来て、内診し、子宮口の開き具合をみてくれ、
9時半過ぎには5センチに。
「すごい進みが早いですよ~」と看護婦さんに言われ、
だいたいどのくらいに産めそうか聞くと、
子宮口は5センチになるまで時間がかかるけど、
そこからは割と速いらしく、
「昼前には産まれるかもね」と言われ、
気持ちがだいぶ楽に。

しかし!!

「ご主人間に合いますかね?」

……

そうでした、
病院に来る前に電話で、
初産だし、まあ焦らず適当に来てよ、と言ったせいで、
じゃあ10時頃行くよ、と悠長なことを言っていた旦那。
内心、慌てて今すぐ来い!と思いつつも、
まあいっか、とそのままにしてしまったのです。
10時頃と言っても性格的にあてにならないし、
二度寝してる可能性も…
母に催促の電話をお願いすることに。

結局旦那が着いたのは11時前。
旦那に買ってきてもらった10秒メシを3分以上かけて飲み、パワー充電。
旦那に母と交代して腰をさすってもらってから少ししか経たずに、
11時過ぎ。子宮口が7、8センチになり分娩室へ。

次回へ続く…
TREview にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ
Posted by くるみ
comment:0   trackback:0
[出産
出産のお話 パートⅠ
退院して3日。
いまだに会陰切開の傷が痛いくるみです。

実家でなかなか自由にパソコンを開けないので、
1ヶ月間は携帯から更新することが多くなると思います。
なので、皆さんのブログに遊びにいけなかったり、
頂いたコメントのお返事が遅かったりですが、
愛想を尽かさず、よろしくお願いします。

さて、ここらでちょっと出産の時のお話をしたいと思います。

8月30日午前2時過ぎ。
トイレに行きたくて目が覚めました。
ひどい便秘の時のような腰痛があり、
しばらくトイレにいましたが、
腰痛が結構ひどいので座っているのが辛くなって、ベッドに戻りました。

午前3時。
外の雨の音が激しく、時々雷も鳴っています。
ぐーっと生理痛のような痛みが、
下痢の時みたいに波に乗って何回かやってきました。
もしやこれは陣痛?時間を測ってみると不規則ながら10分以内の間隔。
でも1回の痛みは短くてすぐ解放されます。
雨だし夜中だしもうちょっと1人で様子をみてみようと思い我慢。

午前4時。
隣で寝ていた母がたまたま目を覚ましたようなので、
「お腹痛いかも」
と言うと、
「痛いかもくらいじゃ陣痛じゃないわよ」
とピシャリ。

午前5時。
間隔が少しずつ狭まったような…
でも依然不規則のまま。
けれど、だんだん痛みが増して息を荒げずにはいられなくなり、
さすがにこれは陣痛だ、と確信。
母もやっと信じてくれたのか腰をさすってくれ始めました。

午前6時。
母が「初産なんだから焦って病院に行くことないよ」と言うし、
私も病院で苦しむのも家で苦しむのも変わらないだろうと思い、
7時まで待ってから兄を起こして病院に連れて行ってもらうことに。
痛いくせにお腹がすいたので、梨を食べました。
腹が減っては戦はできぬ…とはいえ、
自分でも驚きの余裕さ加減。

午前7時。
病院に電話をかけ、
痛みの波の合間をはかって準備を始めました。
旦那にも電話。

午前7時半頃に病院へ……
この頃にはもう雨はあがっていました。

なんだかだらだらとすみません。
細かく書きすぎて長くなってしまったので、
続きはまた後日…。
TREview にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ
Posted by くるみ
comment:3   trackback:0
[出産
ご報告
20080901220052
8月30日。
午後12時54分。
3175gの元気な男の子が産まれました!!
10時間強の陣痛の後自然分娩での出産でした。(吸引はしましたが。)
産んだ瞬間より数日経った今、腕に抱いて感動を噛み締めています。
旦那に似て、他の子より一回りも頭の大きな子です。
それもなんだか可愛い、笑。

とりあえずご報告まで。
TREview にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ
Posted by くるみ
comment:6   trackback:0
[出産
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。